妊活で仕事と両立のコツは?
両立

妊活で仕事と両立のコツは?

今妊活をしている夫婦がとても増えています。
晩婚化になったことで婚期が遅くなり30代で結婚する人がとても増えています。
そして早く子供が欲しいという意識も強く、妊活に積極的な人が多いです。
ただし年齢を重ねるごとに妊娠率は低下してしまい、妊娠しにくくなってしまいます。
特に最近手は女性の社会進出が積極的になったことで、結婚後も仕事をつづける人がとても増えています。
また不妊治療に関しては、どうしても治療費が高額になってしまう事が多いです。
そのため、高度のあ治療を受けたい場合は、仕事を継続していくのが理想だと言われています。

そこで重要なのが、妊活と仕事の両立です。
妊活を始めるとまず大変なことは定期的に通院をしなくてはいけないという事です。
最初の頃は一週間に一回のペースで通うところもあり、病院によって治療方針も異なります。
不妊治療専門の病院の方が時間屋治療方法の選択に協力的な所が多いです。

また仕事が忙しい人によっては、病院の立地もとても重要です。
一定期間通う事なる為、なるべく職場から近いところにしておくと融通がききやすくなります。
ギリギリまで仕事が出来たり、出勤前や退社後にすぐに通う事ができます。
中には休憩時間を利用して診察を受ける事可能です。
時間を有効活用できる環境を作り上げなくてはいけません。

そこでまず一番大事なことは、会社や上司への報告出です。
治療期間中は、時間の診察日程が決められてしまう事が多い為出勤に影響が出てきます。
休暇を取りやすくしたり、時間の調整をするなど対応してもらいましょう。
また治療中の副作用で、体調が悪くなるケースもある事を事前に伝えておきましょう。

人によっては職場のストレスが不妊の問題点にもなっている場合があります。
なるべくストレスなく会社にも負担がかからないようにするために、土日などの休日を利用して診察をしましょう。
病院によっては土日や夜間診察、時間外の注射などの治療を行ってくれる病院もあります。
自分のライフワークに合った病院をなるべく選び、仕事と勝率して妊活を行いましょう。