妊活とカルシウム
両立

妊活とカルシウム

毎日の食事の中で不足しがちな栄養素が増えてきています。
様々な栄養素がある中で、深刻な問題になっているのがカルシウムです。
カルシウムは骨や歯を丈夫にする為に必要な栄養素という事は多くの人が知っています。
しかし女性の約9割がカルシウム不足であると言われています。
体内の栄養素や美容面だけでなく、妊活にも大きな影響がある事が解っています。

カルシウムは主に小魚屋乳製品に含まれていて、その他にも大豆、小松菜、ひじきなどにも含まれています。
より吸収率を高めるためにはマグネシウムと一緒に摂取する事がお勧めです。
具体的にカルシウムとマグネシウムを両方含んでいる小魚を摂取するのが効果的です。
ナッツやゴマなどにマグネシウムが豊富に含まれている為、カルシウムの吸収率を高めてくれます。
その反対にリンを含む食品を食べるとカルシウムの吸収率は一気に低下します。
リンは現代人が良く摂取するスナック菓子やインスタント食品に豊富に含まれています。
その他にもアルコールの摂取し過ぎも、カルシウムの吸収率を悪くします。

カルシウムの摂取は妊活とどのような関係性があるのでしょうか。
カルシウムは、ホルモンバランスを整える働きがあり、鉄分を作り出すために必要な成分です。
妊活ではホルモンバランスを整える事で、排卵や子宮の環境を整える事につながります。
また妊娠した場合、母体が摂取しているカルシウムから胎児の骨は形成されていきます。
そのため妊娠中はカルシウム不足が深刻で、将来骨粗鬆症になりやす歯が弱ってしまう人も多いです。
妊活の時期からカルシウムを摂取する癖をつける事で妊娠中に必要な栄養素を確保することができます。

またカルシウムは精神の安定にも効果があります。
カルシウム不足になると、イライラしやすいという特徴があることはよく知られています。
妊活中はストレスを感じる事が多く、精神的に不安定にもなりやすいです。
カルシウムをしっかり摂取する事で、精神的にも肉体的にも安定を補っていく必要があります。
食事を意識するだけでなく不足していると感じる人は、サプリメントも活用していきましょう。