妊活にタンパク質摂取で女性ホルモンを作る
両立

妊活にタンパク質摂取で女性ホルモンを作る

普段からの食生活が乱れがちになり易い現代人にとって、3大栄養素の摂取はとても重要です。
3大栄養素とは、脂質、糖質、タンパク質の事を指します。
中でもタンパク質は私たちの体の約20パーセットを占めているとても重要な栄養素です。
タンパク質は、筋肉やホルモンを作り出すためにとても重要な働きをしています。

タンパク質は肉や魚、卵や大豆製品などの食材に豊富に含まれています。
妊活中には良質なタンパク質を2種類以上、摂取する事が好ましいとされています。
メインには肉か魚などを活用して、副菜で卵やチーズなどを摂取すると上手タンパク質を摂取する事ができます。

妊活中は冷え性の対策をしっかり行わなければいけません。
冷え性の改善のためには体の血流を良くする必要があります。
筋肉の元となるタンパク質を摂取する事で、筋肉が熱を生み出してくれます。
熱が発生すると体内が温められて、血流が良くなります。
血流が良くなることで子宮や卵巣に必要な栄養素をしっかり送り込む事ができます。

またタンパク質を摂取する事で、女性ホルモンを形成する事ができます。
単御悪質の摂取はコレステロールを生み出す事につながります。
コレステロールは体に良くないというイメージですが、女性ホルモンを作り上げる材料になります。
そのため適量なコレステロールを作り出すためには、タンパク質を摂取しなくてはいけません。
コレステロールは女性ホルモンを作ることで、正常に卵巣機能を働かせて生理不順などの解消に繋がります。
また形成されたコレステロールは水分に溶けないという特徴があります。
そのため摂取したたんぱく質にコーティングされた状態で体内を移動していきます。
これによって子宮や卵巣など必要な場所で、女性ホルモンを形成する事につながります。

ただしコレステロールは過剰摂取してしまうと、動脈硬化や肥満の原因となってしまいます。
過剰摂取に気を付けながら、毎日手のひらサイズぐらいの良質なタンパク質を摂取する事が適量だと言われています。